Now Loading...

養生作業

ベテランスタッフが、
安全、確実に建物の保護致します。

遺品整理を行うにあたって、お荷物の搬入作業や搬出作業を行う際に、“必ず”と言うほど必要となるのが、「建物・お部屋の養生作業」です。
手運びの作業はもちろんのこと、台車などを使った作業、また吊作業であっても、 運ぶ際にぶつけてしまい、お荷物に傷がつくだけでなく、壁にも傷や汚れをつけてしまったり、最悪の場合は壁に穴が開いてしまったりする可能性もございます。

そんなときに「建物・お部屋の養生作業」をしていると事前に傷 を防いでくれるので、とても養生は重要な作業になります。
遺品整理生活レスキュー隊では、お荷物を搬入する前に、搬出作業と同時に、「壁・床」や「マンションのエレベーター・エントランス」などの養生作業をまず行います。

「壁・床・マンションのエレベーター・エントランス」などの共有部分にはプラスティック製のパネルを貼り養生します。
台車を使うような作業であっても、傷がつかないよう念のためしっかりと養生作業を行います。

傷や汚れから新居を守る
「養生」って、どんなもの?

遺品整理の作業では、限られているわずかな時間のなかで、何人もの人や荷物が何度もお部屋を出入りすることになります。
そんななかで、全員が最善の注意を払っていても、知らずと壁や床に傷や汚れがついてしまうとい うことは、どうしても避けることが出来ません。

そのため、作業を行う前に、傷がつきやすい場所を中心的に「養生カバー」という専用のカバーを使い、壁や床を保護いたします。これを『養生』いい、この養生を行う事によって、 物や人が万が一、「壁にぶつかってしまった」という場合や「こすれてしまった」 という場合でも、直接お部屋の壁などに傷や汚れがつくご心配もなく、事前に防ぐことが出来ます。

養生を行うべき3つの理由

Point1
大切な住居に傷や汚れをつけない

お引越しなどを機に賃貸マンションを出る際は、必ずしもお部屋の原状回復が必要となります。原状回復とは、住んでいるうちにお部屋の壁などにできてしまった傷や汚れを修復し、元の状態(入居前の状態) に戻すということです。
養生をせずに、作業を行い、傷や汚れを増やしてしまっては元も子もありません。
賃貸マンションだけでなく、ご自身の持ち家(一戸建て)であっても、養生をせずに作業を行ってしまい、大事なお 家の壁に傷がつくとショックですよね。
ですので、賃貸マンション・一戸建ていずれにしても、養生作業を行うことが必須です。

Point2
賃貸借契約で「養生」の義務がある

近年では、賃貸マンションなどの共用スペースも養生するようにと、義務づける賃貸契約が増加しています。
お引越しの際や、家具などの搬入・搬出の際、住まわれるお部屋はもちろん、共用スペースに傷や汚れがついてしまうと管理会社の方も困りますよね。
そうならない為にも、賃貸マンション・アパートの管理会社から「必ず養生作業を行ったうえで作業を行うように」と警告を受けることは、よくあることです。
「エレベーター」や「廊下」などの共用スペースの養生を“必須”という形にしている賃貸不動産は、多数あります。

Point3
隣人トラブルを避けるマナーとして

遺品整理など、大きなお荷物を何度も搬入・搬出する作業を行う際、「傷・汚れ・騒音」等の問題で、隣人トラブルになってしまわないかご心配される方は多くいらっしゃいます。
お部屋はもちろん、共用スペースの「エレベーター」や「廊下」にもきちんと養生作業を行うということは、ご近所にお住まいの方への気配りでもあり、隣人トラブルを避ける方法です。
遺品整理生活レスキュー隊では出来る限り、隣人の方や管理会社の方にご迷惑・隣人トラブルにならないよう、「傷・汚れ・騒音」にも十分に配慮をし、マナーとして、きちんと養生作業を行ったうえで作業いたします。

養生を行うべき範囲は?

マンションの場合

マンションやアパート、集合住宅などの場合、「エレベーター」や「エントランス」「共用廊下」などの共用スペースがありますよね。
実際、「共用スペースはどこまで養生作業を行うのか」というのは、管理会社と相談ということもあります。
ですが、ほとんどの管理会社が 「養生作業は必須」としているところが多いため、「エレベーター・エントランス・共用廊下」など共用スペースは養生を行うことが基本となります。
共用スペースに加えて、お部屋の壁はもちろん、床や玄関口部分を養生いたします。

一戸建ての場合

一戸建ての場合の「玄関口・階段」の養生作業は基本となります。とくに階段は、お荷物を持った状態での昇り降りを何度もすることになるので、 特に注意して丁寧に養生を行いたい場所ですよね。
大きな荷物を運ぶ際などは特に、階段は一気に昇り降りすることが困難な場所です。
そのため、 お荷物を持ち直す「中継ポイント」を作ったり、足元には滑ってしまわないよう、滑りづらいマットを敷いて、壁・床、共にしっかりと養生いたします。
また、お部屋の壁・床にも傷や汚れがついてしまわないようきちんと養生を行います。

養生をする場所の一例

  • 玄関
  • 柱や曲がり角
  • 階段や手すり
  • エレベーター
  • 共有フロア
  • 廊下や床
  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!