Now Loading...

遺品整理の負担を軽減する対策法

遺品整理の負担を軽減する対策法

遺品整理の負担を軽減する対策法

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

近年では遺品整理という言葉を耳にする事が増え、大体の想像はできるようになっているかと思います。しかし、イメージが付いているとはいえ、急に遺品整理を行なわなければならなくなった場合に慌ててしまう人は少なくはありません。整理することを軽く考えてしまうと、大変な事にも成り兼ねません。
この記事では、遺品整理の負担を軽減する方法についてご紹介したいと思います。注意点を含めてご紹介するのでぜひ参考にしましょう。

『遺品整理』とは?

遺品整理とは、亡くなられたご家族の遺品を整理することです。単純な作業だと感じられてしまうかもしれませんが、遺品整理には様々な作業が必要になり一人での作業が労力と時間がとてもかかります。家に残されたままになっている遺品を全て整理する必要があるので数が多ければ多い程、負担も大きくなりがちです。普段からの家の片付けとは異なり、大きな家具や家電また大切に保管されたままの書類や小物類と多数の種類を片付けなくてはなりません。

もちろん、家庭ゴミとして捨てられる物もあれば、粗大ゴミとして分別をし処分しなければならない物もあります。気持ちの整理が付いていない人からすれば、長期間の整理作業にも心身ともに疲れが出てきてしまうことでしょう。整理期間に限りがある場合だとゆっくり作業をする時間もなく更に負担が大きくなってしまう事でしょう。

遺品整理が負担になってしまう原因は3つ

1.作業の時間と日にちが必要になる

故人と共に住まれていたご家族であれば、大体の処分するもの残して置く物を相談されていることがあるのでスムーズに整理をすることができます。しかし、多くの方々が離れた地域に住まれている事が多いので、遺品整理が必要になるとその地域まで移動しなければなりません。遠方となれば移動時間もかかってしまい整理の時間と日にちを確保しなければならなりません。
整理する期日が迫っていると作業を急がなければいけない為、度重なる移動が必要なので日時も限られてくることが大きな負担となってしまいます。

2.心の負担

遺品には多くの思い出が詰まっているので整理をするにあたり、故人の死を直接向き合う必要があります。気持ちの整理がついていない中での作業となれば心に大きな負担をかけてしまう原因になります。突然の死を迎えてしまったご家族の場合、気持ちの整理も生前整理も行なっていなかった事が多いので精神的な負担が大きくなり多くの遺族が悩まれていることでしょう。

3.金銭と労力の負担

少しのゴミであれば自治体の粗大ゴミとして回収してもらうことができるのですが、遺品整理となれば粗大ゴミだけで処分できるものとは限りません。家電類は粗大ゴミとして回収してもらう事がほとんどできないので別の方法で処分しなければならなかったり、色々な業者を探しださなければならない為に処分方法によっては処分費用もかかってしまうのです。
実家が近いようであれば移動にほとんど困る事はありませんが、遠いとなれば何度も往復が必要になるので、交通費も高くついてしまうことでしょう。費用も大きな負担となってしまうのでしょう。

遺品整理の負担を軽減する対策法4選

様々な負担が多い状況であっても必ず負担を軽減できる方法はあります。遺品整理を上手ずに行なうことで軽減することが可能になります。作業を効率良く進めていき負担を減らす対策法を4つご紹介致しますので参考にしてみて下さい。

①大きな物から整理

家具や家電といった遺品は特に場所を取らてしまうので作業を進めるにはスペースが必要になるので先に片づけをしていくことがオススメです。残しておきたい遺品ではない限り初めの段階で先に処分してしまいましょう。処分をすることで作業スペースを確保できるので作業もはかどります。
家具は自治体に早めの段階で予約をしておく、家電製品は回収業者に依頼をすると処分方法を分けて行っても問題はありません。

②価値のある遺品は買取り業者を利用

貴金属や骨董品などの価値のある物を買取りしてくれるサービス業者があります。価値があると判断されれば高価買取も可能です。保存状態が良かったり、専門を取り扱っている業者であれば査定を依頼すると良いでしょう。処分でかかる費用を抑えることができ現金として受け取ることも出来ます。
査定は自宅に訪問してもらいその場で査定を行ない査定金額に満足出来ればその場で買取りも可能な場合もありますので利用してみましょう。

③遺品を種類別に分別して処分する

多くの物がある中で一つずつ作業をしていくとなかなか片付かずに作業を終えることができるのか気持ち的にも疲れがたまってしまいます。そこで処分をするものしない物ではなく最初に種類別に分別から始めていくことをおすすめします。種類ごと分けてまとめる事で、作業を非常に行ないやすくなります。

④整理は無理せず遺品整理業者に依頼する

遺品整理をいざやってみたけど整理に時間がかかってしまい行き詰ってしまった時は無理はせずに業者に依頼をすることをおすすめします。プロに任せれば短時間で手際よく作業を行なってくれます。どうしても遺品の整理に時間を作れる状況でない時も依頼をするだけで整理を終えてくれることでしょう。

遺品整理は生活レスキュー隊にお任せください!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FAEAAFD9-D285-4460-A17C-3C550F70C127-300x169.jpg

生活レスキュー隊では大阪を中心に関西全域で遺品整理サービスをご提供しております。
また、遺品整理に伴う買取りや、不用品の回収・処分も行っております。
遺品整理をしてほしいけど、何をするべきなのか、どこに見積もりの依頼をしたらいいのか分からない、、などお困りの方も多いのではないでしょうか?

弊社では、これまで多数の現場で様々な経験を経たプロのスタッフが在籍しています。
お客様の気持ちに寄り添い、しっかりとヒアリングすることによって、お客様にご満足いただけるサービスをご提供しておりますので、遺品整理をお考えの方は生活レスキュー隊までお問い合わせください。

遺品整理のお問い合わせはこちらをクリックしてください

お電話でお問い合わせしたい方はこちらからどうぞ:0120-580-919

  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!