Now Loading...

元気な今こそ生前整理!メリットをご紹介します!!

元気な今こそ生前整理!メリットをご紹介します!!

元気な今こそ生前整理を行ないましょう!自分にとっても家族にとっても嬉しい生前整理のメリットをご紹介します。
遺品整理といった言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?しかし、遺品整理は聞いたことがあるけど、生前整理とは何?どんな違いがあるの?と疑問に思う方はいませんか?

生前整理って何?

生前整理”とは、いつか訪れる自身の「死」について考え、人生の終わりに向けた準備と最期まで自分らしく生きるための活動を行う”終活”1つのことを言います。毎日の暮らしの中で、長年住んできた自宅に捨てられずにいるものや、後回しにしてしまい溜まっていった片付けの作業があるという人は少なくありません。片付け以外にも自分でないと分からない・できない手続きもある事でしょう。このような身の回りの整理を生きている間に自分で行っておくことを生前整理というのです。

生前整理は定年する時期や死を意識しやすい高齢になってから考える人が多いといわれています。しかし、いつか行うとお考えなのであれば早い時期から生前整理を行っておく方が安心です。
いつそのような死に直面するのかは誰も予測できません。体力や精神に余裕がある年齢のうちに生前整理を始めておいたほうが、焦ることなくゆっくりと時間をかけて生前整理ができます。近年で
は40代~50代にかけて終活を行う人が増えていますが、早い人であれば30代から始めている人もいます。終活は早すぎるといった基準はありませんので早めの行動が好ましいです。

自身のメリット

生前整理は身辺の物を整理することです。生活に使用している物、思い出の品などすべての物を11つ整理していきます。亡くなったあとに整理するとなると不要なものや必要な物の区別をつけるのはとても大変な作業となります。しかし、自身で整理を行うことによりスムーズに整理することもでき、自身の人生を改めて見直すこともできるとても良い機会になります。

また、身の回りの整理を行える良い機会となり、今までためてきた物の片付けができることもこれもまたメリットでしょう。整理を行ないながら残りの人生をどのように過ごしていくかなど、人生を振り返りながら考え直すチャンスともいえます。更に、断捨離をしてシンプルな生活環境を手に入れることでき、身軽でスマートな余生を送ることができるようになります。
特に、元気に動けるうちに断捨離をしておけば、高齢となり体力にも限界が出てくるときに行うよりもケガなどの危険性も下がります。

生前整理は”処分する”だけではなく、”残しておく”ための大切な活動でもあるのです。残した家族に遺品整理を完全に任せるとなると、自分にとって本当に大切なものが処分されてしまうこともあるかもしれません。そのようなことも避けるために自身で生前整理するにあたって早めに終活しておくことは良いことなのです。

さらに、自分で事前に整理しておくことで、本当に大切なものや、残しておいてほしいものだけを家族に伝えることもでき形見として保管しておいてもらうことができるようになります。また、誰に何を渡したいかといったことも自分で決めておくことができるようにもなるのです。

家族にとってのメリット

生前整理を行っておくことは家族にとってもメリットがあります。遺品整理の場合は、亡くなった後で遺族は家族を失った悲しみの中で、通夜や告別式・法要など、次々と色々な準備に追われることとなります。そして、精神的にも身体的にも疲労が重なるなかで、遺品整理を行わなくてはいけない状況になるのです。

特に、賃貸マンションなどでひとり暮らしをしていた場合は、亡くなったあと早急に部屋の整理をすることが求められることがあります。急ぎで整理を行わなくていけないとなると遺族にとっての負担はさらに大きくなってしまいます。自身が元気なうちに、生活で不要となっている食器や本、服や趣味の物などを整理しておくことによって、残された家族が自分の死後に担うこととなる遺品整理の負担を軽減させることができるようになるという点も生前整理の最大のメリットです。

また、遺族にとっては大切な家族が残した品々はどれも思い出の物です。そのため、遺品整理をしようと思っても処分する決断がしにくくなり、なかなか整理が進まない…。といった人も多く居ます。生きているうちに身辺の物を整理しておくことは、遺族が遺品整理をする際の精神的な負担を減らしてあげることができるというメリットもあるのです。

生前整理とは物だけ整理するではありません。家や土地、預貯金といった所有する財産についても、事前に整理しておくことが大切です。亡くなった後に財産についてトラブルが起きるケースも多々あります。財産について生きているうちに遺言状などを作成し、しっかりと整理しておくことにより、死後に大切な家族の間でトラブルが生じることを防ぐことができ、自身の思いを家族に残したりすることができるでしょう。

■自分自身で要る・要らないを決めることができる

生前整理は元気なうちにしかできません。生前整理を予定している・考えているのであれば早めに行動しておきましょう。思い立ったときにはじめられることをおすすめします。自身でいるのも要らないものを区別するということは、子供や孫に何を残しておくかといったことも考えられることでしょう。

■断捨離で快適な生活を送ることができる

紙や段ボール箱・長年読まずにそのままになっている本や雑誌類・着なくなった洋服・いつか使うだろうととっておいた物で気付いたら部屋が狭くなっているといったことはありませんか?
生前整理で断捨離することで、生活スペースも広くなり快適な生活を送ることができます。

■ケガやストレス防止につながる

早めに生前整理をせずに整理のチャンスを逃してしまった場合、気力・体力が衰えだすと、足の踏み場がないほど部屋が散らかっている状況にも成り兼ねません。物が山積みになり、足元の荷物につまずいて転倒して頭を打つなど大変な事態を招く危険なケースもあります。
生前整理をしておけば、生活動線が確保でき転倒するリスクは減ります。また、荷物が多いと探し物が見つからないことも。そんなストレスにさらされることもなくなるでしょう。

まとめ

生前整理のメリットについて詳しく解説させていただきました。生前整理をすることは、家族だけでなく自分にとってもたくさんのメリットがあります。
亡くなった後に残された遺族のことを考え、事前に行なっておくことはとても良いことです。
”生前整理した方が良いのは分かるけどなかなか行動にできない”という方はぜひこの記事を読んだことをきっかけに生前整理を始めてみてはいかがですか?
もちろん自身で生前整理をするのは大変なことだと思いますがそういったときはプロの業者にお任せして整理するのも一つの手です。そういったときは、業者に生前整理の依頼をしてみましょう。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!