Now Loading...

遺品整理のトラブル…対策を解説します!

遺品整理のトラブル…対策を解説します!

遺品整理のトラブル…対策を解説します!

 

遺品整理についてのトラブルは多く報告されています。さて、それはなぜそんな問題に巻き込まれてしまうのか…?
そこでトラブルに巻き込まれないように、巻き込まれた場合の為にも対策方法を解説します。

遺品整理を業者に頼むと、残念なことにトラブルが起きることがあり、大切な物を雑に扱うだけではなくて、不当請求の被害もあるのです。遺品整理でトラブルが起きやすい業者の特徴どんな問題が起きるのかご紹介します。こちらの記事を参考にし、悪徳業者に出会わないために注意しましょう。

高額請求や追加請求

遺品整理に関する問題点の中で特に多い事例。遺品整理を業者に頼むときは、一度現場に来てもって訪問見積もりしてから見積りを出します。金額や内容に納得してから契約するのが基本的です。
ですが、”想定より物量が多い”という理由をつけて見積もりに書いてない料金を追加請求し、最初に見積もり行ったときに見積り書を依頼主に渡さない悪徳業者も存在します。

対策法

意味の分からない請求を受けないようにするには、必ずどの作業にどの位料金がかかるかなどの細かく詳細が記載された見積もり書を貰うのが大切です。さらに、追加請求はないけど事前に業者に確認を取って契約書に記載してもらうことが良いでしょう。これらを拒否する評者は注意です。

また遺品整理は、経験することも少なく、相場を知らない人が多いことがわかります。ですから、3社以上に相見積もりをとり料金を比較しましょう。相見積もりは値下げ交渉をするには、大切なことです。

相場以下の金額で買取り

遺品整理業者の中に、骨董品や美術品・価値の高い遺品を買取り対応できる業者があり、きちんとした査定を行い、適切な価格をつけてくれたら問題ないのですが、相場以下の値段をつけてくる業者もいます。

対策法

買取りをする場合は、その場で決断せずに見積もりを貰ってからもらい考えましょう。良心的な業者であれば、訪問見積もり時に買取りの査定額も出してくれます。それを参考にして、リサイクルショップで鑑定をしてもらい比較してみるのも有効な方法です。

特に宝石や貴金属、ブランド品、骨とう品や美術品は素人だと相場がわかりません。価値が不明な物は専門の業者に鑑定を頼んだ方が買取り価格が高くなる可能性も。

作業中に出てきた貴金属・金品・現金の盗難

遺品整理を頼むのなら、業者を必ず家に入れることでしょう。悪質な業者の場合、隙を狙って金品などを盗む人も。遺品から現金が発見したとしても、依頼主に報告もしないで持ち帰る人も居ます。

対策法

盗難を防ぐには、業者を家に入れる前に貴重品を金庫にしまっておきましょう。さらに、作業中はなるべく立会って、業者のそばに居ると安心です。立ち会いが無理であれば、事前に貴重品を確認しておき鍵を付けて保管するのが安心。

回収後に不法投棄

業者が回収したものは、自治体が定めた施設に搬入します。ですが、無許可の業者は回収を認められておらず、品を引き渡し出来ないのです。結果的に山中や空き地に不法投棄してしまう悪徳業者も居ます。違法な手段で遺品が処理されるのは気分が悪いです。

対策法

一般廃棄物収集運搬業の許可が必要です。”産業廃棄物収集運搬許可証”や”古物商許可証”のみは回収ができないのです。必ず3つの許可が必要です。依頼するときは、許可があるかを必ず事前に確認しましょう。

悪質業者の特徴

この業界は日々様々な問題が起こっており被害にあった人も少なくないのです。トラブルに遭わないためには、悪質業者に騙されぬよう、特徴を押さえておきます。

料金が他よりあきらかに安すぎる

比較する上で、絶対に必要なことが費用・料金です。複数の業者で比較して安いところに頼むと思うのは当然です。ですが、他の業者に比べて極端に安いのは、”何故か?”と疑うのも大事。トラブル内容にあった、見積もりの際に安い料金で提示して、後から理由をつけて多額の追加料を請求してくることを耳にします。

訪問せず見積もりをする

業者に頼むのであれば確実にしておくことは、現場に来てもらって見積もりを出すこと。物量や荷物の種類、部屋の大きさ通り道の状況を確認してから料金が変わります。
現場立会での見積もりは大事なことです。訪問見積もりを行わず、電話やメールで簡単に確認を取って見積もりをする業者もいます。一見、時間や手間が省けたと感じても、現場を確認せずに出した見積もりは当てにできません。追加で高額請求をされる可能性があるため、注意です。

良い業者選びのポイント!!

訪問見積もりを対応している業者

見積もりには方法があり訪問見積もりをすることがおすすめ。電話やメールは部屋の状況を詳しく伝えるのは難しいので買取り可能なものがある場合には事前に確認してもらえます。
訪問見積もりに応じない業者は、当日になって追加請求をしてくる悪徳業者の可能性が高いため注意が必要です。


避けるには業者とのトラブルを防ぐにも、現場の状況や必要な作業内容を正確に把握してもらうことがポイントです。

見積もり書に内容が記載されているか

記載内容にポイントがあり、見積もり書に曖昧な記載はないですか?作業内容・それに伴う料金が具体的に記載されているか確認しましょう。必要な作業内容が記載されているか、反対に必要のない作業内容も記載されてないかの確認も。

一般廃棄物収集運搬許可証があるか 

先程もお教えした通り、不用品の処分には一般廃棄物収集運搬許可証を持っているか、持っていない場合でも許可証を持った業者に委託していなければなりません。悪徳業者の中には、処分費用を浮かせるために不法投棄することもあります。遺品を不当に扱われることは決してないようにしたいものですよね。

担当者の対応

遺品整理業者を比較する際には、接客態度も注意深く見ておくのも大切です。こちらの要望を丁寧に対応してくれるか、質問にも誠実に答えてくれるかどうかはとても重要です。また実際訪問見積もりしてもらうときに、どの作業にいくらくらい料金がかかるのか質問したときに詳しく説明ができその場で答えてくれる業者が良い業者だと言えます。
大切な遺品を扱う遺品整理だからこそ、誠実に対応してくれる業者を選びましょう。

相見積もり3社以上はとる

業者を選ぶ際は、一つの業者に絞るのではなく3社以上を目安に相見積もりをとるようにしましょう。
相見積もりをとることにより、ある程度の相場が把握でき、業者ごとのサービスや料金を比較することもできます。また、大幅に金額に違いがある業者との比較もできるため、業者間での比較は必須です。

安くて評判の良い業者を探す方法

近年では、業者でもたくさんサイトを作っているため、簡単に探すことができる時代になっています。手軽に探せるサイトを上手く活用し、業者の口コミや作業実績などを細かく書かれているサイトを見て参考にしてみると良いでしょう。

遺品整理を業者に依頼するなら何よりも重要なのは、”安心できる業者に依頼すること”なのです。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものですよね。

遺品整理は故人の持ち物を供養する大切な作業です。いい加減な業者・悪徳業者に依頼しないように今回の記事が参考になり、皆様が信頼できる遺品整理業者に依頼できることを願っております。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

  • 出張見積もり
    無料
  • 9時〜21
    365対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!