Now Loading...

空き家・遺品整理について解説します。

空き家・遺品整理について解説します。

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

空き家問題や遺品整理について解説していきます。身近に空き家になってしまったお家はありませんか?現代では高齢化社会の問題もあり、空き家になってしまっている家も年々増えつつあります。例えば、親が他界し所有者が自分になってしまったが対処法が分からないなどの問題で家を置いた状態のままになっているところもあります。

そこで今回は、空き家問題のリスク・トラブルなどを詳しく解説し、少しでも空き家問題の解決になればと思います。問題を抑えれば1か月以内に空き家を片付けることが可能になり早ければ今週中にもきれいさっぱり掃除することができます。適切な方法で早めに取りかかりましょう。

空き家問題とは…

まず最初に空き家問題について解説します。どのような問題があるのかしっかりと把握しておくことが大切なポイントです。

深刻化する空き家問題は年々増えてきているのが現状です。それぞれの空き家になってしまう種類がこちらです。

  • 二次的住宅(住んでいる家とは別に利用している)
  • 賃貸用住宅(借りる人がいない)
  • 売却用住宅(購入する人がいない)
  • その他(用途不明か所有者が転勤・入院、または介護施設に入所している)

このように近年増えつつあるのはその他の介護施設に入所した問題です。また、人口は減少しているのに世帯数は増加しているため、空き家問題が深刻になるのは今よりも将来だといわれています。

なぜ空き家問題が発生するのか

住居が空き家になる問題とは住む人がいないということ。それは人口の減少だといえます。都市部に集中した雇用を挙げられます。働き手である若者が通勤を考慮して都市部へと流れれば、必然的に人口は減るでしょう。それが原因と言えるでしょう。

そして、先程もお伝えした通り、少子高齢化の社会があります。世帯主が亡くなった、あるいは介護施設に入所したとき、家を継ぐ者がいなければ住居はその場に残ってしまいます。また、たとえ家を売りに出したとしても、耐震にも優れた新しくてきれいな住居を好むでしょう。

ここで、「新しい家が建つのに、人のいない家はなくならない」という年々空き家を増やすシンプルかつ大きな原因が明らかになります。その最も挙げられるものが、経済的な理由です。解体するとなると解体費用が掛かってしまうため、また解体費用が高額なためにできないといった問題もあるでしょう。家が放置される理由にはさまざまな素因が絡んでいるのです。

空き家問題から起きる困りごと

空き家問題で最初に浮上するのは、地震発生の際です。地震による建物の倒壊が一番気になるところですよね。安全に安心して過ごすためにも気になるポイントではないでしょうか空き家が木造だった場合、地震で火災が発生すれば近隣住居に燃え移る可能性は極めて高いでしょう。

また、空き家にはごみの不法投棄や、犯罪集団・ホームレスのたまり場となる可能性も少なくはありません。

  • 街の景観を損なう
  • 屋根や外壁がはがれ落ちる
  • 門や塀が老朽化して崩れる
  • 不衛生であるため、害獣や害虫の温床となる
  • 管理されていない植栽が道路に迫り出してくる

といった問題事もでてきます。しばしば犯罪が起こりやすい傾向にあります。例えば、空き家が放火されたという事件も少なくはありません。

自治体の対応

  • 管理の不十分な空き家への立ち入り調査
  • 空き家の所有者に安全対策を求める手続き

といった事柄が挙げられるでしょう。安全対策を促したにもかかわらず、改善の余地が見られない場合は強制撤去にも踏み切るのです。

周囲ができることはあるのか

日本は地震大国であり、いつ空き家が倒壊し周囲に害を及ぼすかはわかりません。放火などの危険にも常にさらされています。そのため、近隣に空き家があるという方は、建物の損傷具合を見て、場合によっては自治体に問い合わせて対応を求めましょう。自治体はすべての空き家を把握できていない場合もあります。何か起きてから慌てるのではなく、事前に可能な取り除いておきましょう。

”損傷した屋根や外壁が道に落ちている” ”立木が道に迫り出している”このような場合は発見したら自治体に問い合わせしてみましょう。現在すでに危険な状態である場合、自治体も可能な限り迅速に対応をしてくれるはずです。また、お子さんがいる家庭では、不用意に空き家へ近付かないように注意しておきましょう。

遺品整理問題

空き家問題の解決を滞らせている原因に故人の遺品があります。空き家に家財などが残っているケースは多く、ごみ屋敷の状態になっていることもありでしょう。親が他界し家を相続したものの、どう扱ったら良いのかわからない方に多いケースなのです。家を売るにしても、貸すにしても、ものが残っていてはどうすることも出来ません。ご自身で全て行うとなるととても大変な作業になるのは間違いありません。物が置いたままの状態では片付けをすることも出来なのです。

実家が空き家に…

実家が空き家になることは珍しくありません。子どもが親と離れて暮らしていると、親の死後、住む人がいない家は空き家となります。当然、実家を解体せずに残すのならば相続人が管理しなくてはいけない問題があります。電気は早々に契約を解除し、片付けも早急におこなわなくてはならないでしょう。冷蔵庫や備蓄倉庫に食べ物が残っていればゴキブリやネズミの問題も発生します。下水管に水がなくなると蛇なども侵入してくるので大変危険です。行動は早めに起こさないとすべて後手に回ります。時間が経つにつれて煩わしくなってしまい、空き家を掃除しないまま放置してしまうのです。

空き家の片付け方

前提として、空き家には電気が通っていません。そのため、掃除するにも掃除機や空気清浄機といった電化製品は使えません。その為にも必要なものはしっかりと覚えておき準備に取り掛かりましょう。

  • 軍手
  • 脚立
  • ごみ袋
  • バケツ
  • ぞうきん
  • 室内用の靴
  • ほうき・ちり取り
  • 庭木を切るはさみ・のこぎり
  • 畳・フローリング用に使う粘着式のローラー

掃除の際には、最低でも上記のものを用意しましょう。汚れても良い服装で行うようにしましょう。また、足元に何が落ちているか分からないので足元には注意が必要です。マスクを持っていくことも推奨します。住み着いたネズミのフンなどが乾燥し室内を浮遊している可能性もあり、吸い込むと体調を崩しかねません。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

  • 出頭見積もり
    無料
  • 365
    24時間対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!