Now Loading...

ピアノの処分方法・廃棄方法をご紹介!

ピアノの処分方法・廃棄方法をご紹介!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

今回の記事では、使わなくなったピアノの処分方法をご紹介していきたい思います。引越しに伴いピアノを処分しなくてはいけなくなった…などで処分方法が分からずお困りの方が居られるのでは?でも大丈夫です!この記事では分かりやすく処分する方法やご自身で処分しようとお考えの方のために分かりやすく解説していきます。

ピアノの処分方法

ピアノの処分方法を一つ一つ分かりやすくわけて解説していきます。回収業者に依頼せずにご自身で処分をお考えの方は以下の方法を参考にして下さいね。ピアノはサイズも大きく部屋から運び出すのも大変な作業です。各地域によりますが現在ではグランドピアノなどのピアノは粗大ごみとして捨てることができないのです。捨てるのではなく、知人などに譲る、または売却するといった方も。そこで、それぞれの方法で行うためにどの様な方法があるのかご紹介します。

グランドピアノを処分したいという場合、大きくて一人で運び出すことは不可能です。また、処分方法が分からないといった方も少なくはありません。そんな疑問・お悩みを解決するためにピアノの正しい処分方法をまとめてみました。ピアノは処分費用が高くて処分に困ってしまうものですができるだけ安く処分したいものですよね。

処分するピアノの種類は?

処分するピアノの種類によって処分方法が変わります。まずは、自分が持っているピアノの種類は何かをしっかりと把握することが大切です。

グランドピアノ

グランドピアノのボディは弦を保持するフレームと響板から構成されているため、全高は約1メートル。大型の楽器ですので、重量が250400kg程度にもなります。別のピアノと比べるとその重量は重く、運搬する作業人数が必要になるため、処分する場合は処分費用が高くなることが多くなります。

アップライトピアノ

アップライトピアノはフレームや弦、響版が上下に伸びるように作られています。グランドピアノと比べると設置場所も取られることもありません。重量は200250kg程度となり、グランドピアノに比べたら重さは軽いですがこれもやはり簡単に持ち運べるものではありません。しかし、グランドピア比べると処分費用も低くなる傾向があります。

電子ピアノ

グランドピアノやアップライトピアノと比べ重量も4080kg程度とピアノの中では軽量な物です。運搬に必要な人数も少なく済むため、処分費用も安くで処分できるでしょう。

粗大ごみとして処分はできるの?

粗大ごみ回収の方法は回収までに日にちがかかってしまうものの、処分費用を安く抑えることができ、家具なども一緒に処分できます。では、ピアノは粗大ごみとして処分することができるのか?という疑問です。これは各自治体によりことなりますがほとんどの自治体がピアノの回収は受け付けておりません。

また、電子ピアノは粗大ごみとして回収できるがグランドピアノやアップライトピアノは回収できないという自治体もありますので、事前に自身の自治体で粗大ごみとして処分できるものできないものを確認しておきましょう。

粗大ごみの出し方

ピアノを粗大ごみとして処分する際の流れ

受付センターに申し込み粗大ごみ処理券の購入処理券をピアノに貼る収集

粗大ゴミは粗大ごみ受付センターに持ち込みする方法もありますがピアノのは重たいものですので持ち運びは難しいので収集での方法を解説します。

電話またはインターネットから粗大ごみ受付センターに手軽に申し込みをすることが可能です。申し込み後、有料の粗大ごみ券を区内のコンビニエンスストアや区役所などで購入します。※住んでいる以外の自治体の処理券は使用が出来ませんのでご注意ください。

処理券を購入したら券に『収集日・受付番号・または氏名』を記入し処分物に処理券を貼り付けます。このとき収集に来た人が一目見たらわかるような位置に貼り付けましょう。あとは、決めた収集日の時間に回収に来てくれます。

上記では粗大ごみとして処分する方法を紹介しましたが、自治体によってピアノは粗大ゴミでの収集ができない所もありますので、そういった場合の方には別の処分方法をご紹介したいと思います。

不用品回収業者に依頼

不用品業者を利用することにより手軽に処分することができます。依頼したあとは自宅まで回収にきてくれて運搬も行なってくれるため、依頼主の方が何かしなくてはいけない。といったこともありません。しかし、業者によって処分費用が異なりますので事前に不用品回収に依頼する場合は相場を調べておきましょう。

業者に依頼するメリット

不用品回収業者に依頼する場合のメリットとして挙げられるのは、ピアノ以外に使わなくなった・処分したかった不用品をまとめて依頼することができることです。自治体に回収してもらう場合には、事前に何を回収してもらうか伝えなければならない・処理券の準備が必要など手間がかかります。そんな手間も一切必要ありません。自宅まで回収に来てくれるため、移動させる必要もなくなります。

業者に依頼するデメリット

デメリットとしては自治体に比べて料金が高めになってしまうことです。また、相場を知らないとなると高めの金額で回収しようとする悪徳業者もいます。そのようなことを避けるためにも事前の下調べは必要です。今では、サイトに不用品業者を探すこともできますので、口コミなどもしっかりと目を通しておくと安心です。

見積りの前にある程度の情報を入れておこう!

今では実際に自宅に来て見積りを電話やサイト内で済ませるケースが多くなっています。1点だけの処分となると簡単な見積りになる場合が多いでしょう。そのような場合は、スムーズに見積りが出来るよう以下のポイントを問い合わせする前に確認をしておきましょう。

【型番・製造番号・ペダルの本数・メーカー】

これさえ確認しておけばスムーズに査定することができます。問い合わせしてから焦って探すことも回避できますよ。

すべての買取業者が行っているわけではありませんが、こうした買取業者を見つけて無料で処分することができればうれしいですよね。何件か買取業者にお問合せして確認してみるのもひとつの方法です。

まとめ

ピアノはサイズも大きく処分の最も大変なものです。粗大ごみとして処分できない上に処分しようとすると多額の費用がかかってしまう恐れあります。また処分だけではなく買取りができるピアノもありますので、一度買取りが可能かも査定してもらう事もオススメします。

もし、買取りが可能であれば、処分費用をかけずに買取りしてもらえるので便利な方法です。その他の買取方法も状況に合わせて利用すれば処分費用を抑えることができますので、ぜひ、参考にしてみてください。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

 

  • 出頭見積もり
    無料
  • 365
    24時間対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!