Now Loading...

特殊清掃とは?依頼するべきタイミングとは!?

特殊清掃とは?依頼するべきタイミングとは!?

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

皆さんは特殊清掃という言葉を耳にしたことはありますか?どのような意味なのか詳しく知っている方は多くないかと思います。その中で、今回の記事では特殊清掃とは何か?依頼するべきタイミングを詳しく解説していきます。

特殊清掃とは

知る機会が少ないかと思いますが、特に賃貸経営や不動産会社にお勤めの方は聞いたことがあるワードかと思います。特殊といった文字が付いているだけにしる機会が少ないです。

 さて、特殊清掃とは、部屋の中で自殺や殺人何らかの原因で亡くなり、、しばらく発見ることがなく部屋やあらゆる場所に血液や体液で汚れたり、遺体の腐敗が進んで腐敗液や腐敗臭、うじ虫やハエ、ゴキブリ、ネズミといった害虫や害獣が発生しているような状態の部屋を清掃するサービスを特殊清掃と言います。

自殺や殺人現場での場合、警察による現場検証が行われますが、その後の片付けなどは警察は行ってくれません。その為に、住人がいない場合は、賃貸経営者の方などが特殊清掃を行ってくれる業者に依頼をしなくてはいけません。簡単に一般の人が掃除をできるものではありませんので、専門にお任せするのが一般的です。

また、近年では高齢者による孤独死も増えています。そのため、特殊清掃を行っている会社も増えつつあるのです。高齢者の独り暮らしや高齢者の夫婦といった高齢化に伴う増加だけでなく、若い方の独り暮らしや、幼い子供のいる世帯などでも、病死や餓死、エアコンがない猛暑の室内での脱水症状や熱中症による死亡で、遺体の腐敗による異臭が発生するまで発見されないという現場も増えています。

特殊清掃を呼ぶべきタイミングは?こんな時には迷わず依頼をしましょう!

特殊清掃とはどういったものかお分かりいただけたかと思いますが、では、実際に依頼を行うべきタイミングの疑問について解説していきます。

例えば、”どんな場合に依頼するのか・どんなことをするのか”基本的な疑問を疑問をお持ちの方は居られませんか?特殊清掃と聞いてもはっきりとした明確なイメージが湧かない方もいらっしゃるかと思います。また、依頼するタイミングも多く居られるのが現状です。

しかし、特殊清掃の業者を呼ぶべきタイミングで依頼せず、ご自身で清掃しようと試みると非常に危険なケースがあります。

どんな状況で特殊清掃業者を呼べばいい?

一体どんなタイミングで特殊清掃をしてくれる業者の方を呼べばいいのでしょうか?特殊清掃を依頼するケースとして最も多いのが、故人が「孤独死」してしまった場合です。一人暮らしをされていた方が亡くなられた場合、残念ながらなかなかすぐには発見されず発見が遅れてしまうことが多くあり、亡くなられてから短時間で発見に至った場合であれば大きな問題にならない場合もありますが、亡くなられてから時間が経過していくと共に、どんどん遺体は腐敗して状況が悪化していきます。一人暮らしの場合ではすぐ発見される確率も低くなります。特に気温が高くなる時期については、驚くべき速さで腐敗が進行してしまいます。特に暑い夏場となれば、熱さのあまり短期間で手に負えない状況となってしまいます・。それに伴い、亡くなられた場所に体液が滲み出てどんどん広がってしまうのでそうなってしまうと、一般的な清掃では処置が難しくなり、特殊清掃業者を呼ぶべき状況となるのです。

特殊清掃業者に依頼すべき理由

季節によりますが、孤独死により亡くなってしまった方一般の遺体発見が遅れた場合、腐敗がどんどん進行していきます。それに伴い死臭のレベルもどんどん高くなっていくことがわかります。亡くなられた方がお住いの住宅が賃貸であった場合は特に、原状回復ができるかといった必要性が生じます。

賃貸の契約にあたり、原状回復義務とは、お部屋を借りたときの状態に戻す義務のことを言います。しかしご自身で清掃しようと思っても、遺体が腐乱した腐乱臭・死臭までを消臭するのは専門外の方にとっては非常に難しいため、特殊清掃業者に依頼して死臭を取り除き、原状回復に向けて作業してもらうことをオススメしたいのです。

ご自身ではこのような特殊な清掃をした経験がある人は少ないですのでむやみに清掃をご自身で行っても良い事はありません。その為にも、しっかりとした専門の業者に依頼し作業を行なってもらいましょう。特殊清掃の作業では、最終的に腐乱臭が消えるかどうかが大切なポイントになります。

身内であっても絶対に自分で特殊清掃をしてはいけない理由

孤独死してしまった方の特殊清掃を、業者に依頼する必要がある一番の理由が「細菌」です。お亡くなりになられた部屋には、目に見えないものすごい数の細菌がいます。身内とはいえ、このような部屋に不用意に入ってしまうと、病気に感染してしまうリスクが高まります。

素手で触れなければ大丈夫と安心しきって掃除をおこなうと危険です。自身で作業をすることは決してオススメできません。

腐敗液に触れなければ問題ないと思うかもしれませんが、そのように腐敗液があるということは当然、ハエなども飛んでいるのです。ハエは遺体の体液に触れた状態であらゆる場所に止まっています。壁や天井や家財に止まっているのです。それを想像してもらえると分かりやすいですよね?

これが、きちんとした装備で対応する特殊清掃業者に依頼する必要がある一番の理由になります。

まとめ

清掃などの処置が遅れてしまうと状態の悪化が加速度的に進行し、死臭が周りに広がってしまい近隣にお住いの方に非常に迷惑がかかってしまうため、速やかに対処することがとても大切なポイントです。また暑くなる季節の場合、死後数日から2週間ほど経ってしまうと害虫が繁殖してしまいます。こういった害虫は繁殖する力が非常に高いので、少し放置しておくだけでおびただしい数に繁殖してしまい、一般の方が立ち入ることもできず、部屋の中だけではなく、家の周りにも害虫が飛び回るようになってしまいます。

これも近隣住民に大変な迷惑をかける事となります。ですので、特殊清掃を呼ぶべきタイミングは発見後、一日でも早く対処する必要があります。そして必ず特殊清掃は、ご自身で処理するのではなく、必ず特殊清掃に清掃を依頼しましょう。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

  • 出頭見積もり
    無料
  • 365
    24時間対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!