Now Loading...

ゴミ屋敷の特徴・お掃除方法をご紹介!

ゴミ屋敷の特徴・お掃除方法をご紹介!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

今回の記事で、ゴミ屋敷の特徴やお掃除方法をご紹介していきます!
ゴミ屋敷の掃除になると一般的な掃除に比べて物がたくさんある事がわかりますよね。実際に、片付けるとなった場合でも対処できるように片付けをする手順・被害・片付け方法をご紹介していきたいと思います。

さて、久しぶりに実家に帰ろうと何年ぶり何十年ぶりの帰省にまさかの足の踏み場もないくらいに部屋が散らかり放題。なんてことがあることも、、、。そんな状況でゴミ屋敷問題に悩む人は近年増えてきています。
特に今問題になっているのが、自分の家ではないが隣人がゴミ屋敷にしていて悪臭や害虫に悩まされている方も増えてきています。では、どのようにしてゴミ屋敷を綺麗に片づければ良いのでしょうか?

ゴミ屋敷の特徴

最近では、テレビでも良く取り上げられているのがゴミ屋敷の片付けの様子や、住んでいる方のインタビューだと思います。しかし、そもそもゴミ屋敷とはどういった家の状態を指すのでしょうか?そこでゴミ屋敷とは何か。どういった特徴があるのかをご説明します。

ゴミ屋敷って何?

ゴミ屋敷というのは、家の中や家のまわりがゴミで埋まってしまっている家のこと示しています。住民が生活する上で発生したゴミをため込む場合もありますが、近所のゴミ集積所から集めてきて溜め込んでいるケースの人も居ます。ひどい場合は建物からゴミがあふれ出し、敷地内全体がゴミでいっぱいになっているような家もあるのです。

ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴がやはり一番多いケースが1人暮らしをしている高齢者です。身内やご家族と疎遠になり、孤独から物をため込んでしまうことが多くあります。ゴミ屋敷になってしまう原因で一番思いつくのが、”片付けの苦手な人”かもしれませんが実は、前はキレイな家だったのに急に要らないものをため込むようになったというケースもあるのです。

ゴミ屋敷にしてしまう原因が以下のケースです。

◉ゴミが捨てられない

◉もったいないという気持ちが強い

◉ストレス

収集癖、買い物依存症

といったことが挙げられます。部屋を物で埋め尽くすことによって「自分は一人ではない」とその不安を書き消していることが考えられます。また、女性に特に多いのが買い物によってストレスを解消するという買い物依存症です。特に欲しい物ではないがとりあえず買う事にストレス発散に。特に使うものではないのでどんどん物が家にあふれてしまうのです。

ゴミ屋敷を放置しておくと様々な問題が

ゴミ屋敷は住民だけの問題ではなく、近隣の人にも多大なる迷惑が掛かってしまいます。また、色々な危険性があります。

悪臭】・害虫・害獣】・火災の危険】・アレルギー・喘息などの健康被害】

このようにたくさんの被害・危険性がある事がわかります。では、次に何とかしたい!とお考えの方に対処法をご紹介します。

対処法

ゴミ屋敷問題の解決は、ゴミを全て処分して綺麗にする。しかないのです。しかし、実家などの場合は、住民を説得すれば良いのですが、隣人であると様々な問題があります

住人に片づける意思があるのか

住人自身がゴミ屋敷となっている現状を問題視していて、片づけたいという意思表示があれば片づけのサポートなどを行えば比較的早めの段階で解決することができます。しかし、中には話を聞き入れてくれず片づける意思が全くない人です。そうなってしまった場合は、困難をきわめます。それは法律上所有者の承諾なく勝手に処分することはできませんので、どれだけ周囲が生活の不便を感じていたとしても、ゴミ屋敷をきれいにすることが勝手にはできないからなのです。

この場合、地域住民交渉や説得をおこない、それでも応じない場合は行政の力に頼り、解決に向けて働きかけをしていく必要があります。最終手段として、自治体が「行政代執行」を行い、強制的にゴミ屋敷を片付けるケースもあります。

ゴミ屋敷を自力で掃除する場合の方法

ゴミ屋敷を片付けるにあたって、自力で片づけることも可能ですが、場合によっては片付けの専門に依頼しなくてはいけないことも。自力で片付けが可能な基準がありその基準よりも上回っている場合は専門に依頼することをオススメします。

例えば…

  • 広さは3DKまで
  • 水回りが機能している
  • 住人が生活できている

この基準を参考に自分達で作業が可能かそれとも業者などに依頼するか判断するようにしましょう。ただの掃除とは桁違いに大変なゴミ屋敷の片付けですから、念入りな事前準備が必要です。ゴミの数も想像以上に出てきますので処分となるとトラックや大きな車が必ず必要になってきます。計画を立てずにく始めてしまうと、作業が進まずあっという間に時間が経ってしまいます。

掃除をする準備のポイント

人手とスケジュールの確保が必要

ゴミ屋敷の片付けはまず1日で終わりません。単純な片付けではありませんので早くても3日と考えておきましょう。どうしても専門員ではありませんので片づけに時間はかかってしまうものです。また一人で作業をするのは不可能に近いですので人手を最低でも3人は集めておき、34日はスケジュールをおさえてください。できるだけ飛ばし飛ばしの日数で行うのではなく、まとまった日にちで作業を行なうようにするとモチベーションも下がりにくくなり効率も良いかと思います。

必要な道具

  • マスク、軍手、エプロン(人数分)
  • ゴキブリ駆除剤・蚊取り線香
  • 100枚以上のゴミ袋、新聞紙
  • ガムテープ、紐などの梱包資材
  • 掃除用具
  • ゴミを大量に積める車両(軽トラック、ライトバンなど)

ゴミ回収日、処理センターの受付時間の確認

ゴミ処理をプロに頼まない場合、片付けたゴミを放置しないためにも、集積所のゴミ回収日のチェックが必ず必要です。しかし、ゴミの回収日がスケジュールと合わない、ゴミが大量で集積所に置くと近所の人に迷惑がかかる……という場合がゴミ屋敷の片付けでは多いです。そんなときは、自治体のゴミ処理センターに持ち込むのがおすすめです。平日ならほとんどの自治体で受け付けているので、最寄りのゴミ処理センターの受付時間を確認してください。

 

新生活をお考えの方は、「引越し+不用品回収セットプラン」がおすすめです!
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品の処分を一緒に済ませたい
・不用品の処分を安く済ませたい
という方は、引越しと不用品回収が同時にできる生活レスキュー隊にご依頼ください。

生活レスキュー隊引越しサイトはこちら

高価買取
買取り可能商品についてはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

  • 出頭見積もり
    無料
  • 365
    24時間対応
  • 最短1時間
    スピード回収

接客マナーを心得た親切丁寧
スタッフがお伺いします!

クレジットカードも使えます!